白癬というカビ菌がほとんど原因?

足の臭いは、足から出る汗等の中に、「カンジダ菌」がいることで、多くの場合発生します。オシッコに尿酸があるのと同じで、どうしてもばい菌が抜けにくい足の臭みです。
革靴が原因のこともあります。通気性が悪いからです。

通気性の良い靴を選ぶことも大事です。でも一足数万円する革靴を買い替えるのは、ちとお財布痛みます。
経験上ですが、当方はハッカ油を靴にスプレーして、ハッカ油の「殺菌効果」で白癬菌を死滅するのに「効果」があると思いました。
結構「ハッカ油」は抗菌性が強く、体にはちょっとした「爽快感」を与えるので、良い方法だと思っています。
現在革靴仕事用には2足あるのですが、「ハッカ油」方式で、3年以上持っています。
通気性良い革靴て、メッシュ系が多いですが、ビジネス用ではないのが難点です。
靴ひもタイプの革靴の方が、通気性は良いと思っています。

靴の通気性を確保すること、また汗から出る尿酸系のばい菌を退治するべきです。
ハッカ油て、意外に安いものです。

風呂にもばい菌は発生しやすいのですが、このハッカ油方式を採用して、カビ菌を殺すことに今まで一定の成果を得ています。
足に来る臭いは、若ければ必ず発生します。だから「若いこと」の証拠なのですが、白癬菌は「乾燥」や「抗菌性」に弱い、これに「ハッカ油」方式で今まで対応して、退治しています。
参考にしてください。